プロジェクトニュース

2017.10.17

サポートプロジェクト「かなざわ美人稽古」で『香道』のお稽古実施。

箔一がサポートしている「かなざわ美人稽古」で、『はじめての香道』が実施されました。

定員を上回る応募があり大変人気の会となりました。

香道は天然の香木を香炉で炊き、その香りを愉しむ芸道です。香道では、「聞香(もんこう)」と言う、香を聞く(香道では「香を嗅ぐ」とは言い方はしません。)作法と、多種の香の組み合わせを聞き当てて愉しむ「組香(くみこう)」と言われる香あそびがあります。

IMG_5694

 

今回は、「源氏香」と呼ばれる、お香の聞き当てを楽しみました。「香元(こうもと)」がお手前を行い、香席のお客に聞香炉を順に回し一炉、二炉、三炉、四炉、五炉、とそれぞれ五つの香りを聞き比べしながら、回答します。

IMG_5681

IMG_5665

源氏香では、この回答の仕方に特徴があり、52パターンのそれぞれの答えに、源氏物語の登場人物の名前が当てられています。今回の回答は「若紫」という答えでした。当たった方、お見事!

IMG_5686

香道では、聞き当てることも愉しみのひとつですが、茶道と同様、香元(こうもと)の用意した香席も愉しみのひとつです。兼六園からイメージされた五つの香りを用意していただき、道具も、この席に合わせたものを特別に用意してくださいました。

IMG_5650

参加した女性の方々みなさんは、お稽古が終わった後も大変興味深く、先生にお話を聞いておられました。

今回も参加者の皆様に、金箔打紙製法あぶらとり紙5冊セットをプレゼントさせていただきました。あぶらとり紙を使っていただき「柔らかい。」「なかなかもったいなくて使えない。」「すぐ皮脂が取れる」などの感想をいただきました。

IMG_5708

次回のかなざわ美人稽古は、贈答礼儀作法、風呂敷の包み方などを学びます。ぜひご参加ください。

一覧へ